北海道ツーリング7日目

ガソリンが尽きた。

事の顛末はこう。
一日ゆっくりしたおかげで体調もよくなり、
若干雨がちだった昨日の天気予報も打ち破って快晴のもとに出発し、
ひとまずスタンプラリーは道央をコンプリート。

この時点で午後3時。
その後、日本海側に出て稚内市を目指しつつ、道北の道の駅を
めぐるめぐるめぐる。

そして午後6時30分。舞台は遠別町より。
次の道の駅、手塩まであと15km。
トリップメーターは268km。
燃費を30km/Lとすると、タンクは9Lだから、のこり2kmで尽きる。

だがしかし、俺には500mlのガソリン携行缶がある。
500mlってことは距離にして15km。
おお、いい機会だ。一度タンクを空にして、一気に入れてみよう。
いままで5Lとか6Lとか、ちびちびとしかできなかったもんな。

そんなこんなで、このまま突き進んでみて、
トリップメーターが272kmの時点でガス欠。これは計算通り。
すかさず携行缶からガソリン注入。

復活するBAJA。移動再開。
6時55分。道の駅の裏にガソリンスタンドがあることを確認し、
スタンプを押しに道の駅へ。実はここ、7時閉館なのだ。
駐車直後、地元のおっちゃんに、「北海道はさむいべー」と話しかけられる。
やはり名古屋ナンバーは目立つのかとか思いつつ、
適当に話を切りあげ、道の駅に入りスタンプを押す。
用が済み出てきたら、すでにおっちゃんの姿は無し。
続いて、すかさず鍵が閉めらられ、明かりが落とされる道の駅。
ふう、どうやら7時のようだ。われながらぎりぎりだったな。
さて、稚内に行くためにも、ひとまずガソリン満タンに…。

あれ?

ガソリンスタンドの電気も消えてるよ?

ちょっと町内一周してみようか。

ここも、ここも、ここも…。ああ、全部だめか。

要は、田舎のスタンドはたいてい早い時間に閉まっちゃうもんで、
つまり15kmもどって遠別に行ったとしてもすべて閉店であったであろうし、
ちなみに稚内に行くには残り約70kmぐらい。

とかまあそんな感じで、結局実家に帰れたのが10時頃になってしまった。
さて、明日あたり写真を整理してみようか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です