自作スクリーン

先日、450mm×600mmの塩ビ板をフルに活用し、
風除けのスクリーンを自作した紹介がまだだったんで簡単に。

 

スクリーンに使用したのは450mm×600mm×1mmの塩ビ板。
アクリル板だと力を加えると割れるけど、
塩ビ板ならたわむだけだってことでスクリーンには塩ビ板を使用。

厚さ1mmってのがどうも安っぽくて弱そうなんだけど、
BAJA程度のバイクなら思いっきり走っても問題無い様子。

作り方
1、計って切る
2、加熱して曲げる
3、穴を開ける
4、アルミ角材で補強&固定台をつくる
5、ライトカバーにタテバンドで設置する(所々ゴムを挟んで振動防止)

ストーブで加熱して曲げたらぐにゃぐにゃになりました。
ただでさえ薄いんで、見た目が酷いです。
カットも適当。ひとまずできるだけ風を避けれるように。

結果、見た目はあまりよくないものの、走行中の体に当たる風が激減しました。
多少の雨で濡れることもなくなったし、かなり快適。
北海道ツーリング中にあったならば、虫の正面衝突が避けられたのに。

ただ、本来体に当たるはずの風がどこに行くかというと、実は頭だったりする。
風切り音がすごい。でももう慣れた。けどあまり良い感じはしない。
早めに3mm厚ぐらいで作り直そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です