バイク選び タイプ編

バイクを選ぶにあたっての勝手なイメージとかさらにいろいろ

・ネイキッド
無難。なんでもやれるっぽい。その分つまらない(?)。
タンクの容量でスタイルがスッキリしたりずんぐりしたり。

・スポーツ/レプリカ
早い。前傾姿勢。長時間乗り続けると手とか背中が疲れる。
カウルのおかげで風や雨に強く、負担が少ないけど、
やはり姿勢の点から長時間乗り続けるのは疲れる。
荷物もほとんど載らない。
日帰りツーリングぐらいしかしたくない。

・オフロード
軽い。安い。丈夫。
個人的にこのフォルムは好き。
悪路が得意。林道とか草原とか砂浜とか走ると気持ちいい。
けどなかなか機会がない。
タンクの容量が少な目。
街乗りばかりだとタイヤがもったいない。
箱でも背負わせれば積載量が一気に増加する。
専用のヘルメットとか欲しくなる。

・モタード
オフロードの外見でオンロード使用。
つまり好きなフォルム。
大体オフロードと同じ。
タイヤはオンロード用。

・アメリカン
後傾姿勢。
以前は特に好意は抱いてなかったけど、
北海道ツーリングの後からこの形は必然に思えてきた。
改造多数有り。フロントフォークがギュイーンとか。
何も考えなくても革ジャンが似合う。

・ストリート/オールドルック
ネイキッドで、スタイルが街乗りに馴染みやすいバイク。
スタイリッシュなためタンク容量が少な目な感じ

・ツアラー
ツーリングが楽になるバイク。
カウルで風を防ぎ、積載量、タンク容量が抜群なイメージ。
ゼルビスを除くと大型ばかり。

・ミニバイク
小さくてかわいいやつ。なんか面白そう。
日常的に使いたくはないけど、一度は乗ってみたい。

・原付スクーター
マナー最悪な路上の最弱者。信号無視多数。
もう少し身の程を知って運転した方がいいと思う。
そして半ヘルメットの存在価値は無いと思う。

・ビッグスクーター
クラッチ操作なし、タンク容量、積載量ともに十分、
広いシートで尻が痛くなること無く二人乗り、
大きなウィンドスクリーンで雨風をガード、
派手な装飾付け放題。
何が楽しいのかよくわからない、相容れない存在。
ハンドル操作が慣れるまで少しきもい。

・コンペティション
競技、レース用。ずっとウィリーし続けるとかそんなの。
とにかく軽くするためにタンクの容量がとても少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です