夏休みツーリング4日目

着た道を少し戻って世界遺産・石見銀山へ。
道中、鳴き砂の砂浜にも立ち寄ったけどキュッキュ鳴くぐらいなので割愛。

銀山周辺では、駐車場から見学可能な間歩(坑道)まで片道2kmちょいあったけど、田舎特有の景色も良く天気も良く、なんとも旅に出ているかのような気分。
外気が約30度なのに坑道内は15度でとても涼しめた。

昼過ぎにいざと移動を開始するも、なかなかに下関が遠い。
そして、山口県付近になると、不思議なドライバーが沢山出てくる。
この辺りはヒッチハイクしても一向に停まってくれる気配をみせてくれず、ほんと途方に暮れたエリアだけど、今回感じたのは、煽られてるのに速度を上げるとか道を譲るとかしないで、かたくなに一定速度を保つ車が多いということ。
かと言って煽ってる車は追い越しできそうな時でも車間をつめたまま動かないし…。
ゆずりあい車線(遅い車は左、速い車は右)で、車間間隔キツキツのままみんな右を走った時は笑った。

てことでそんなに距離が伸びず、結局また山口県の長門の辺り。
夜は怖いから長距離とか走りませんよ。寝て明日に備えるだけです。

あと、今さら気付いたんだが、九州縦断より中国横断の方が距離あるんだね。
四国横断と同じぐらいかなぁとか思ってたけど、そんな事ある訳なかった。
アハハハハ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です