2011年スイス大自然観光3日間-準備編-

相変わらずドイツ・マインツ市にいるわけだけど、毎週末の観光もそろそろ近場で行く所がなくなってきた。
なのでなんとなく、スイスに行ってみようと思った。

日本であれば、日本語で書かれたわかりやすいガイド本とか売っているから情報も集めやすいんだろうけど、あいにくここにはネットしかない。
スイスの地理も通貨も見所も何も知らない状態で、週末にスイスの自然を見たいなぁ程度の動機でいろいろ情報収集し、必要なものをそろえてみた。


まずは基本情報を調べようとしたらウェブ版の地球の歩き方の スイスがヒット。
通貨はスイスフラン。ユーロじゃないからATMでスイスフラン下ろさないと。
シェンゲン協定加盟国なので、ドイツからは入国審査とかは無し。
英語は通じる。

次に見所。自然メインとすると、
・ユングフラウ (世界遺産。アルプス山脈ユングフラウ山地の最高峰で、傍らにはアイガーとメンヒの高峰)
・マッターホルン (スイスが誇る世界の名峰)
・氷河急行 (スイスを景観を堪能できる世界一遅い急行。ツェルマット-トゥージス-サンモリッツ間)
・レーティッシュ鉄道アルブラ線、ベルニナ線 (世界遺産。驚きの鉄道技術とアルプスの絶景。トゥージス-サンモリッツ-ティラーノ(イタリア)間)
が有名だろうか。


より大きな地図で スイス大自然名所 を表示

土日だけで回るつもりが、さすがに無理だと感じて土日月の3日間に変えたけど、それでもユングフラウとレーティッシュ鉄道しか無理そう。
マッターホルンと氷河鉄道は若干遠いので断念…。

次に移動手段。
スイスパスを買えば一部の登山鉄道を除いてICだろうがICE(日本でいう新幹線)だろうが4日間~で載り放題だという。
一日無駄にするけどそれでも十分元が取れるのでかまわない。
これはレイルヨーロッパより事前購入可能。というか現地で購入は難しいかも。
チケットは郵送されてくるので、余裕を持って購入。

ドイツ・マインツ市からスイスの国境の街バーゼルに行くまでのチケットをDBから予約し、スイス連邦鉄道のオンライン時刻表で日程を煮詰め、Booking.comで最安のホテル(ユースホステル)を探す。

ついでに時間が合いそうだったので、ベルニナ急行(世界遺産ベルニナ線の観光に特化した電車。要予約)の予約も取ってみる。これはオンラインでカードで払ってプリントアウトすればいいだけ。

てなことをしてみると、

土曜日:マインツから深夜0時頃に夜行でスイスへ。ユングフラウの登山鉄道(スイスパスと別料金)で山頂近くを観光し、麓の町インターラーケンのユースに宿泊。

日曜日:アルブラ線でサンモリッツへ。街を適当に見てからベルニナ急行でイタリアのティラノへ。安ホテルに宿泊。ちなみにイタリアもシェンゲン協定加盟国で通貨はユーロ。ホテルはきっと英語でなんとかなるはず。

月曜日:帰路。電車乗り継ぎの街を適当に散策。

予算は5万円に届かない程度。
そうそう、スイスの物価は高いようなので、飲み物と数回分の食料も忘れずに。
普段旅するときは予定を全く何も考えないので、予定作るの大変だったー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です