2011年スイス大自然観光3日間-2日目-

まだ夜も明けきらないうちに(といっても朝7時)宿ををチェックアウト。
この日の予定は世界遺産路線であるレーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線、ついでにその接続駅のあるサンモリッツを観光しようという感じ。


より大きな地図で 2011年スイス2日目 を表示


朝の湖の美しさに惹かれつつ、途中山のすぐ脇の川だか湖だかわからないような所を併走し、どんどん乗り継いでアルブラ線のターミナル駅、クールへ到着。
うーむ、IC(特急?)は窓が開かないからうまく写真が取れない・・・。

クールはまだ世界遺産のエリアではないけれど、このままアルブラ線の電車に乗れば勝手にトゥージスを通過し、世界遺産ツアーになるという寸法。

アルブラ線の見所は、なんといってもこの高い橋とトンネルのコンボ。

この他にも大小さまざまな橋とトンネル、綺麗な景色。

昼過ぎにはサンモリッツに到着。予約したベルニナ急行の時間まで適当に散策をすることに。

観光客に日本人が多いんだろうか、意味はともかくやっぱり日本語が多い。

街中で美味しそうなチョコレート屋さんを発見。チョコレートはスイスの名物の一つであることは予習済み。いろんな味を楽しみ田固かったので割れチョコを購入。
しかしまさか、ミルク味のホワイトチョコレートだと思っていたものがヨーグルト味だったとは・・・。

湖を別の角度から。いや~、湖大好き!

さて、ベルニナ急行に乗って観光ガイドを聞きつつイタリアのティラーノまで行こうかと思ったら・・・

やらかした!上の写真も気になるけどそうじゃなくて、予約の日程が一日ズレてる!

結局その次の普通電車でティラーノまで行くことに。
まあ、ベルニナ急行は大きな窓があって景色を楽しめるんだろうけど、窓が開かないという欠点があったはず。
その点、普通電車は窓開けて写真取り放題。しかも昨日に続き今日も雲がまったくない快晴。どんどん写真を撮ろうじゃないか。

雲がないから影は基本全部山の影。

海抜2234mの湖ラーゴビアンコ

逆光のアルプ・グリュム

山を越えて注ぐ日光

もういっちょ湖

くるっと一回転

結局ティラノについたのは18時頃。1時間もたたないうちに辺りは暗くなる。

急いで散策。

そして安ホテルにチェックイン。
あれ、安ホテルのはずがなんかすごくいい部屋。

その後適当に夕飯食べに行こうと思ったら、暗いしほとんど店閉まってるしで、結局レストランっぽいところでスパゲッティ頼んだらよくわからないうちに温めてもらったインスタントを持ち帰りしていた。まあ美味かったけど。

そうそう、ホテルのコンセントは2種類ぐらい対応してて、ドイツ規格(C型)の変換で大丈夫だった。カメラの電池が少なくなってやばいかなと思ったけど、なんとかなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です