またドイツ

23日に、またドイツに着ました。
今回の期間は1ヶ月ちょい。3月末に日本に帰ります。
約4ヶ月のドイツ滞在の後、3ヶ月日本でその後また1ヶ月ドイツとか、何やってんだろうか。

さて、前回の滞在でルフトハンザの名古屋直行便2往復もしたもんだから、
今回は航空会社を変えてANAにしてみた。
セントレアから成田乗継でフランクフルトになって手間が増えたけど、
成田の国際線見れたのと、ANAの機内食が美味かったんで満足。
デザートにハーゲンダッツ出るんだね。
B777だったけど、飛行機自体の設備もいいね。


これは中国上空あたりかな。

12時半頃に成田を立って16時半にフランクフルト到着。
やったね4時間。プラス時差8時間。
学生に迎えにきてもらって、大学と宿舎へGO!

こちらの気候はというと、思っていたほどというか、あんまし寒くない。
雪なんて積もってるどころか降ってもなく(一応たまに降ったり積もるらしいが)、
名古屋の方がまだ寒かったなぁって感じ。
これなら前回の最後、11月中旬の方が寒かったなぁ。
北に行けば単純に寒くなるってわけじゃないのね。
季節風とかあるだろうから、日本とは寒さのピークの時期が違うのか。

そうそう、前回の途中で改装のために一時閉店になった食料雑貨店が、更地になってた。
あれー、一月に開店のはずが…。
看板には「夏に開店するよー」って…、えらく遅くなったな。
結局また少し離れたショッピングモールまで食料の買出しな日々が始まるのか。


まあ、まずは一杯(一口)。

建国記念日の日記

ドイツから留学生が来たんで、
市内観光しようぜってことになって、
しかも熱田神宮でJapanese Traditional Archerが
Performanceするよってことだったんで、連れ回して見てきた。
カッコイイね。

ついでに興正寺ってところにも行ってきた。

近場にこんなキレイな場所があったなんて…!!

2月12日付けで

バイクを買取りして貰いました。
すごく安かったけど、一応お金は貰いました。

ドイツから帰ってきたらキャブが詰まってて、
自分でクリーニングする時間もなく、
バイク屋では一応1万円くらいで修理できるよって話にはなったけど、
ステアの整備とかブレーキパッド交換とかウィンカーの不具合とか
まあ色々しなきゃいけないこともあり、
2月23日からまた一ヶ月ちょいドイツに行くことになってるから
これでまた駄目になっても面白くないってことで、
考えた末の買取り。

後輩に譲るって手もあったけど、
不調が多すぎてあまり幸せになれないだろうから。

どこにでも行ける走破力と長期ツーリングでも余裕の積載力を持ち
北海道一周、四国一周、名古屋-鹿児島往復し、
時には彼女を後ろに乗せてと、
色々活躍してくれたバイクだけに名残惜しいところもあるけれど、
まあ、もういいか。
お疲れ様でした。

写真はBAJAの最後の一枚。

1泊3日スノボツアー

1月3日の深夜発で行ってきました、長野県北志賀小丸山スキー場へ1泊3日バスツアー。
ツアーの申し込みとかは全部他人任せだったんで、とにかく滑れればどこでもいいやって感じで。

4日早朝にスキー場に到着した直後は天気が良かったんだけど、その後は翌日の帰る頃になってもほとんど雪が降りっぱなし。
上の写真は一瞬の晴れ間に撮れたやつ。
しかし、北海道育ちの俺としては不思議なことに…雪が強く降っても全然寒くならない!!!
リフト乗ってるだけで体中に雪が積もるぐらい降ってたら、顔とか出してらんないし、どんだけいいグローブでも指がかじかんで嫌になるところだけど、なぜだろう、安いレンタルのウェアだけで何も苦にならない。
それでいて雪がサラサラだっていうからよく判らない。

まあいい。

ツレの初心者を暖く見守りつつ、勝手に滑って飛んで転んでを繰り返し、久々の運動だったこともあって半日で疲労で身体がガタガタ。
それでも滑り滑り滑り続けて、リフトから下りるのに立ち上がるのも億劫で、でもナイターも滑って翌日も滑って…。

雪が降りすぎて視界がまったく無しでコブだらけ上級者コースは鬼畜だったけど、他は緩いコースだったかな。
ただ、リフト2つ分登って、一気に滑り降りる体力がない。

おっと、近くに竜王もあったんだね。
なんか聞いた話、デカいって言ってた。
そっちも行ってみたいかなー。

帰宅した日にゃ寝返りもうてないほど筋肉痛だったけど、まあそんな日もあるさってことで。

皆既月食

今日は皆既月食。
その存在自体、昨日まで知らなかったし、今日に至っては忘れていたんで、知らぬ間に過ぎ去っていってしまう所だったけど、たまたま23時頃にツイッター見たら皆騒いでいたんで見ることが出来た。

大学の屋上に出てみると、雲が多く、切れ目からなんとか見れた月は既に赤くなっていた。
月食って割には丸いなぁなんて思いつつ、見上げてたらと首が痛くったんで近場の芝生に移動して寝転がって見ることに。

23時半頃からは雲が流れ去ってすごく良い天気。
低い位置にある赤い月はたまに見るけど、天頂付近にぽっかり浮かぶ赤い月はかなり神秘的。
カメラ持ってなかったのが悔やまれるけど、きっと多くの人が撮ってるからまあいいや。

欠けてく所は見てなかったんで、徐々に月が本来の姿に戻ってくるとこを見て、なるほど月食だったんだなぁって感じ。

ついでに、月周回衛星「かぐや」が見た地球のダイヤモンドリング…って、これ2009年じゃん!!
地球のダイヤモンドリング