デジカメ紛失

ふと思いつきで知多半島巡りをしてきた。
ひとまず先端の師崎まで行って、帰りに内海の海水浴場に。
さすがに海水浴場に一人で訪れるのは寂しい……。
今日は気温もそんなに高くないし。

この後、えびせんの里に行って適当に試食をし、
常滑のセントレアの近くの公園で休憩。

っと、まあそんな感じに過ごしたんだけど、
どうやらその公園辺りでデジカメを失くしたっぽい。
使った覚えはあるけど、その後の行方が知れない。

今回の海水浴場の写真は携帯で撮ったものだけど、
あー、ほんと何処いったかな。
今日もいろいろ撮ったし、ここ数ヶ月のデータPCに保存せずに入ったままだし……。
当分は携帯のカメラになるのかな……。

あと、どうやらこの辺りは釣りも盛んな様子。
今度は釣りをしに来るのもいいかもしれない。

犬山城見学&長久手花火

午前中は若干雨が降っていたものの、
午後から晴れてきたので少し遠いバイク用品店に行こうとし、
せっかくだからってことで、その方向にさらに行ったところにある
犬山城に行ってみた。

こちらは隣接する猿田彦神社。

入場料は500円。まあせっかくなので払って入る。
中は特に入り組んでたり広いわけでもなく、すぐに城と御対面。

天守閣からは外に出てぐるっと一周することが出来た。

なんでもこの犬山城、つい最近まで国内唯一の個人所有の城だったとか。
適当な時間に切り上げ、家に帰ったんだけど、
そういや今年まだ花火見てないなぁと思い付き、
さっそく調べてみると片道40分ぐらいの場所で発見。

てことで見てきました。

ふむ、次は海かな。

日帰り木曽見茶屋ツーリング

長野県の大平峠にツーリングに行ってきた。
バイクは俺のBAJAと友人のCB223Sだけで、その他自動車がいっぱい。

さすがGW。道がどこも混んでいる。
バイクだけなら行けちゃうんだろうけど、
道を調べるのがめんどくさかったんで
仲間の自動車について行ったり行かなかったり。

他の車との違いとして、BAJAはやっぱタンクが小さい。
燃料を満タンにした時の最大走行可能距離は270km。
渋滞で低速巡航とかしてると距離は減るんで、今回のツーリングにはギリギリ足りないぐらい。
ちなみに、給油してたらみんなと逸れたんで、帰路は途中からソロツーリング。
なんだか去年も同じことをやった気がする…。

天気予報を信じてブーツカバーを持たずに行ったら、
帰路で給油に前後して一時雨。靴ビチョビチョ。
去年の北海道ツーリングはこんな感じだったなぁとか、
どうせこの後帰るだけだしーとか、日帰りツーリングって気軽だねぇ。

四国ツーリング2009

四国ツーリングに行ってきたんでそのまとめ。
今回は丸4日ほど四国にいれたので、一日一県な感じでブーラブラ。

0日目
土曜の昼に名古屋を発って、夜に神戸に着。
0時45分の便で香川県高松市へ。
道中はいつものごとく何度も道に迷ったけど気にしない。
国道25号が自動車道で神がかっていた。
しかしそのまま高速道路にトラップされた。
あれはわかりにくい。なんて酷い道だ。便利だけど。

1日目
早朝に高松市に着いたものの、雨が降りそうで降らない。
降ったら温泉でゆっくりしようと思っていたけど、
やっぱり降らないんで東を目指す。
すると、いつのまにか徳島に入っていたんで、鳴門海峡に行ってみる。

風が強すぎて展望台とか渦の道と呼ばれる大渦を真上から見れるスポットは封鎖されていて(´・ω・`)
徳島市に行こうかと思っていたら、四国霊場88箇所巡りの1番はこちらですよって看板があったから行ってみた。

あー、みなさん、観光バスで霊場巡りですか。
まあいいや、他やることないからこのまま近場の霊場を巡るかー。

……

………道に迷った。
そしてついに本格的な雨が降ってきた。
うどん屋に逃げこめー!!

どうにも、四国の東側はうどん屋がめちゃくちゃ多いね。
さぬきうどんとは言うものの、その範囲は香川にとどまってはいないようだ。

とまあ、昼過ぎの客ゼロのうどん屋で1時間半ほどだらだらして、
雨が止んだことを確認してから、さらに霊場巡り。

霊場も10番を過ぎると人もまばらになってきた。

さて、日が暮れたので徳島市のそばの温泉を目指し(ここでも道に迷う)、
体があたたまったところで本日の宿へ(といっても漫画喫茶だが…)。

2日目
はっきり言って霊場巡りは飽きた。
じゃあ他に何か無いかなーと思っていると、
お、なんか山がある。登山しよう。

まあ標高6mだけどね。
う~ん、じゃあ海沿いな感じで高知目指すかってことにして、
ん?なんだこれ、秘境?

どうせ暇な旅だ、行くしかないでしょう。
相変わらず四国な感じの山道一車線を走り抜け、
ついに辿りついたのが、
おお、滝だ!うん、どことなく後ろの岩が赤く見える!

ていうか、これどこまで近づけるの!?
…普通に触れちゃうじゃん!!
感動した。記念に一枚自分も写しておこう。

あ、傾いた。

さて、もっと南下するよーってことで、室戸岬へ。

あー、ここの岬って、浜があるんだね。石ばかりだけど。
もっとえりも岬とか神威岬みたいな崖を想像してた。
まあいいや、暮れてきたので高知市に行って温泉入って寝よう。

3日目
せっかく高知市にいるんで、ちょろっと高知城でも見て、
じゃあ今日は…四国カルストに行ってみよう。
秋吉台には行ったことあるけど、まあこっちも見ておこう。

途中、道の駅で適当にとれたての文旦を買って、そのまますぐに食べる。
やはりナイフは必需品だなぁ。
さて、道の駅に寄ったから、ここは県道を使えばカルストまで近道になるかな?

うんうん、普通の道だね。

……

細くなったなぁ。あ、進行方向はただの山だ。

………

ちょ、なにこのアスファルト敷いただけの道。
ガードレールもミラーも無い。

そういや自分以外の車もいない。
これ落ちたら死ぬよね。発見されないよね。
ていうか、何個か分れ道っぽいのあったような気もするけど、
ここは本当に県道であってるの?

あ、あってた。

とまあ、予定時間を2、3時間オーバーしつつ山を登り、なんとかカルストへ。
しかしまあ景色は良い。

これ下りは国道ってことになってるけど、結局同じような道なんだよなぁ。
日が暮れる前にさっさと降りなきゃ。
あー、もう山道はいいや。

宇和島とか行きたかったけど、このまま松山目指そう。
で、松山に来たからには、道後温泉でしょう。
いや、知らなかったんだけどね。行っとけって地図に書いてあった。
うん、定山渓とか登別とか、ここだけ温泉街の趣きがある。
そして温泉は…、おお、時代を感じる。
開湯3000年って、え…、神代から?

温泉から出たらもう商店街とか閉まってたんで、翌日また来ることにする。

4日目
松山城を見ようかと思ったけど、ちょっとごちゃごちゃしてるんでパス。
それよりももう一度道後温泉へ。

夏目漱石の坊ちゃんでかなり商売してるご様子。読んだことないんで今度読もう。
この道後温泉、千と千尋の神隠しの温泉のモデルになってるとかなってないとか。
見たことないんで今度見よう。

さて、じゃあそろそろ高松を目指すかー。
ていうかなんなの、ここのドライバーさん達。
俺がちょっとでも中央から左にそれたらすぐ抜こうとしてくる。
いや、前そんな開いてないから。
抜かしても赤信号で停まったときすりぬけしちゃうよ?みたいな。

そういや高知の街中でも俺がいる目の前で対向車が追い越ししてきてビックリした。
そんなにバイクの地位が低いのかね。この島は。

まあそんなイライラを抑えつつ、
数年前に日本一おいしい水に選ばれたとか言う
西条市の湧き水「うちぬき」をいただく。
当然道に迷ったけどね!!

道に迷ったりなんだりで時間が割かれ、
他もあまりものを見る時間がなくなったけど、
これもまた道に迷いつつ見にいった瀬戸大橋。

寒い。そして風が強い。
これで帰るのもありだなと思ったけど、
上記の理由と、もう一度うどんを食べときたかったんでパス。
さて、高松市に行くだけでも当然の如く道に迷い、
しかしそれでもうどんを食って、なんとかフェリーに乗りこむことができた。

α日目
もう道に迷いたくないから高速道路で神戸から名古屋に帰るよー。

……

………

寒い!!

主に指先が寒い!!

30分以上連続で運転できない!!

まあ、何度休憩挟もうが下道より早いんだ、ゆっくり行こう。

とまあ、事故もなく、無事に帰宅できた。
もう当分行く機会は無いだろう。
(そう思ってるとだいたい行くことになるんだが…)

あと、道に迷いすぎだろって気もしなくもないけど仕方がない。
それと、早いとこETCが欲しいね。

長文おつかれでした。

2時間ぐらい温泉に入るといろいろ考える

今、四国にツーリングに来てるんだけど、
どうにもパッとしていなかった。
なんとなくで来て、結局何もしていないような。

先ほど、温泉に浸かりながら、約3年前のヒッチハイクの旅は楽しかったなぁ
なんて思っていたらようやくわかった。
俺はツーリングがしたい訳じゃなく、放浪したいんだった。

バイクは自由気ままに動くことができるすばらしいツールであり、これはまったく問題ない。
問題となっているのは、常にツーリングマップルを眺めていること、コレだ。

解の無いように言っておくが、ツーリングマップルは素晴らしい本であり、
ツーリングに役立つ情報がいっぱいであり、
特に北海道を一周するときなんかは非常に重宝した。

だが、自分がやりたいのは、あらかじめ本に載っている場所に行くことではなく、
その場その場で考え、自由きままに動くことであった。

初めてのヒッチハイクの時は、国道と主要な県道しか乗っていない地図帳で旅し、
役所や駅のパンフを眺めてぶらぶらしたものだ。

バイクに乗るからには詳しい地図は必要だ。
いくら地図が詳しくたって、今日だけでも道に迷った回数は10回を超え、
時間にして2~3時間は迷っている。

地名なんて見てもまったくわからない。やはり地図が無いとどこにもいけないだろう。

ただし、地図の情報、もといツーリングマップルのおすすめポイントだとか
コメントだとかだけ読むのははなはだおかしい。

あれは便利だけど、それだけを見ていいはずがない。
なんでこんな当たり前のこと、忘れたんだろうか。

明日からはもっと楽しく動こう。