SUZUKIのヘルメットホルダー

YSPだけど、ヘルメットホルダーがないんで街乗りしてると駐車時にちょっと困る。
てことで、安くて使い易いヘルメットホルダーとしてSUZUKIのホルダーを買ってみた。
SUZUKI ヘルメットホルダー

YAMAHAのバイクなのにSUZUKIの付けるの?
まあ気にしない。

そのままだとブカブカだったので、
厚さ2mmのゴム板を挟んでリアキャリアに取りつけ。
ヘルメットホルダーつけてみた

うん、これで便利になった。
ヘルメットホールド時

ヘルメットは…新しいの買おうかな。

QVL meets YBR

バイク買った!!

今年の始めにXLR BAJAを売ってしまい、足がなくて困って結局買ってしまった。
これまで貰い物のVFR400R、中古のXLR250R BAJAときて、今回は……

新車のYBR125FI!!
ピカピカだー!!!
YBR125

YBR125

順調に排気量が下がってくなw

このYBR、中国で生産されてるものを輸入して……って扱いになるんだけど、
そもそもいずれ自動車も欲しいと思いつつの原付二種(~125cc)の選択で、
だけどマニュアルで遊べるようなバイクは国産でほぼ無いもんで、
最終的には2012年モデルのカッコ良さと国内産では届かない安さに魅かれて買ってしまった。

YBRにはいくつか種類があって、
欧州向けのFI(フューエルインジェクション)仕様だったり、
アジア向けのキャブ仕様にはさらにいくつか種類があったりなんだけど、
今回買ったのは前者のFIのやつ。
また海外行ってる間にキャブが詰まって動かなくなるなんてことも無くなるはずだし、
YAMAHA直営のYSPで扱ってるから困った時も安心。

ひとまず乗ってみて、軽いし足付がいいし静かだしで、楽だなぁと。
まだ慣らし運転の段階で回転数上げちゃ駄目って言われてるから、
どれくらい加速するかわからないけど、いまのとこ街乗りなら問題なし。

慣らし運転がてらひとまず郊外まで走ってきたけど、
夜はまだ寒いんだねw
深夜の慣らし運転ツーリング

ところで、慣らし運転中に気付いたんだけど、
なんかモスキート音(?)がうるさい。
さっそくYSPに持って行って話を聞いてみたんだけど、
ポンプから音が出ているようで、しかも他の個体も同じみたい。
FIのモスキート音といえば同じYAMAHAのセローもうるさいようだけど、
情報が出回ってないだけできっとYSPも同じくらいうるさい気がする。
気付くまでは何てことないけど、気付いちゃうと気になるなぁ。
というか、あまりの高音にちょっと気分悪くなりかけたし…。
まあ、慣らししてるうちに自分自身も慣れてきたけどw
年を取ればそのうち聞こえなくなる音なんだろうな。
聞こえる間は若さが証明されてるわけかw
いいよ、大丈夫、付き合いましょう。

2月12日付けで

バイクを買取りして貰いました。
すごく安かったけど、一応お金は貰いました。

ドイツから帰ってきたらキャブが詰まってて、
自分でクリーニングする時間もなく、
バイク屋では一応1万円くらいで修理できるよって話にはなったけど、
ステアの整備とかブレーキパッド交換とかウィンカーの不具合とか
まあ色々しなきゃいけないこともあり、
2月23日からまた一ヶ月ちょいドイツに行くことになってるから
これでまた駄目になっても面白くないってことで、
考えた末の買取り。

後輩に譲るって手もあったけど、
不調が多すぎてあまり幸せになれないだろうから。

どこにでも行ける走破力と長期ツーリングでも余裕の積載力を持ち
北海道一周、四国一周、名古屋-鹿児島往復し、
時には彼女を後ろに乗せてと、
色々活躍してくれたバイクだけに名残惜しいところもあるけれど、
まあ、もういいか。
お疲れ様でした。

写真はBAJAの最後の一枚。

リアタイヤ&リアパッド交換

実は2、3日前の話だけど、リアパッドとリアタイヤも交換していた。
タイヤはフロントと同じくD605, リアパッドにはエコスポーツ ブレーキパッドを使用。
今回もフロントタイヤ交換と同じようにパンコンテナに載せての作業。

ちなみに、こちらがパッドのBefore After。
だいぶ使いこまれていたようで、残りが1mm有るんだか無いんだか。

ところで今回は、リアパッドの交換はスムーズにいったんだけど
リアタイヤの交換でチューブを詰めると空気が漏れてきちゃって、
しょうがないから2回ぐらい穴を塞いだんだけどそれでも上手くいかなくて、
結局時間と体力が尽きてしまったので、バイク屋でチューブ交換を頼んでしまった。

ちなみに今は、さすがプロってことで問題無く走れてます。

フロントタイヤ交換

フロントタイヤを交換してみた。
さすがオフ車、こういうのは楽に出来るようになってる。
ちなみに今回のためにKTCのタイヤレバーを2本購入。
安物でチューブ傷付けたりして結果損するよりはいいかなってことで。
それでも整備用のスタンドはけちってビールケースで……
と思ってたら、近くの酒屋がわからない。
しょうがないんで、まあ似たようなもんだろうってことでパンコンテナを重ねてみた。

リアは余裕で、フロントはギリギリ浮いてます。

タイヤはこれまで使用していたDUNLOPのD605からD604に変更。
違いは、D605がオフロードとオンロード両用で、
D604がオンロード用。

D604だとオンロードでの性能はかなり良くなるし、
それでも軽いダートぐらいなら走れるって話をどこかで聞いた。

それで、実際に乗ってみると、動きが軽やかになった気がする。
単にタイヤの山が増えたおかげなのか、
種類を変えたから得らたものなのか、
単なるプラシーボか解らないけど、まあやってよかった。

リアタイヤも交換したいけど、いっしょに交換すると滑りやすくなるのかな。
まあ250ccだから大丈夫だろうって感じもする。