フォークブーツ、フロントフェンダー交換

今回はBAJAの前方のイメチェンってことで、
フォークブーツを純正の青色からProgrip製の黒色に、

フロントフェンダーをXLR BAJA MD16の白(写真右)のものに変えてみた。

今回の費用は
フォークブーツが3500円ぐらい、
フロントフェンダーが1000円ぐらい。

ただ、このフロントフェンダーは安かったのはいいとして、
中古で汚なかったからかなりがんばって磨くこと……。

どれぐらい汚かったかというと、写真の左側が磨いたところ、右側が磨く前。

なんか、表面全部がすり傷というか、汚れが内部まで浸透してるというか、
そんな感じだった。

で、BAJAに装着させるとこんな感じになった。

だいぶ白黒になってきたね。

シート張り替え

いつからか、シートに穴があいて、
ガムテープで補修しようにも、いつの間にかズレるようになっていた。
あと、BAJAの雰囲気も変えたいってのもあって、
今回ついにシートを張り替えることにした。

Before
旧シート

After
新シート

ついでにタンデムベルト
タンデムベルト

店に出すと高いんで、一通り自分でやってしまった。

今回購入したものは以下
・ビニールレザー 120cm × 50cm  … 400円
・タッカー … 400円
・布用ポンチ 7mm … 100円
・ハトメ 7mm  … 100円
・クランプ … 100円
・ボンド … 300円
・ベルト … 100円

ビニールレザーは市内の生地屋さんに行って購入。
生地は特にバイク用という訳ではなく、ただの汎用品。
残りはホームセンターとか100円ショップとか。
合計で1500円ぐらい。次回移行は生地だけでいいんでもっと安上り。

作業に関しては、ひとまずシートを取り外すと中のウレタンが濡れてたんで、
それを乾かすのに2、3日かかってしまった。
あとはとにかく生地をクランプで固定しながら引っぱり、
タッカーで固定していくのみ。

タンデムベルトは余った生地を100均のベルト巻いてボンドで固定し、
ポンチで穴を開けてハトメを付ける、てな具合。

シートは頑張って引っぱったかいあり、
オフロードのシート特有のカーブもなんとか綺麗にできたかな。
でも多分まだ伸びる気がするから、後日引っぱり直しな予感。

BAJAに装着させたのがこちら。
シートを変えたBAJA

つい先日までのBAJAはこんなの。

ふむ。雰囲気が変わってきた。

戻ってきた

BAJAが帰ってきた。

整備箇所は、動かなくなったスピードメーターの修理と
ガソリンが漏れ気味のキャブレーターの整備、
あとはちょっと欠けていた部品の交換と
チェーンの調整とか。

切れてたデコンプケーブルを繋げてもらったら、
キックスタートがすごくかかりやすくなった。
力がいらない。なんていうか、楽を超えてつまらない。

12ヶ月点検ってことで見てもらったけど、
やはり高いのは部品代より工賃だね。
自分で出来る箇所は自分でやらねば。

さて、ひとまず一年乗り回したわけだから、
次はBAJAの見た目をいろいろ弄ってみよう。

BAJA入院中

ふと気づいたらスピードメーターとトリップメーターが動いてなかったので、
近くにあるホンダドリームに修理してもらうことに。

ついでに、もうすぐ納車から1年なので、
この機会にいっしょに12ヶ月点検もしてもらう。

ぱっと見で、後輪ブレーキパッドと
チェーンとスプロケットもそろそろ寿命ですよと言われた。

ひとまず見積りしてもらってから、整備にとりかかってもらうけど、
いったいいくらかかるだろう……。

ひとまず一週間ぐらいバイクはお預け。
どうせまだ梅雨明けしないからいいや。

タイヤの交換もどうですかと言われた。
任意保険の更新もそろそろやらなくちゃならない。
この時期は金がかかるな。
去年のうちに自賠責2年分払ったのが救いか。

BAJAが帰ってきたら、いろいろカスタマイズしてみようかと思う。
もうちょいジャケットに合う色にしたい。
修理しないで新しく買い直そうかと思ったりもしたけど、
そんな金があったらツーリングに行きたいし、
装飾をいろいろいじってみたい。

オフ車は基本的に丈夫だし、
このBAJAはカラーリング的に92年以降に生産されたものなんで
バイク的にはそこまで古過ぎるってことも無いだろうし
(去年の春に乗ってたVFR400Rは87年ぐらい)、
近年のそこそこのものより馬力もトルクもあるし、
新車は盗難が怖いし……ってね。

プラグを交換しようとしたけど

どうにもエンジンのかかりが悪くて、
押しがけしても全然反応がなくて、
そうだ、きっとプラグだ!と思いたち、
予め買っておいたプラグと交換しようと
シートとガソリンタンクを外し、
さあ交換だ!と思ったら、
プラグを外す工具がなかったのがつい先日。

ところがどっこい、
しかたがないんで外したものを取りつけ、
チェックのためにエンジンをつけてみようとしたら、
あらら、やっぱり動かない。

ん?そうか、プラグカバーが外れたままじゃないか
ってことでちゃんと取りつけて、もういちどエンジン始動!
すると今度はキック一発!!

今日乗ってみても、すこぶる快調で、
おそらく、最近のエンジン点火の不調はプラグカバーが
ちゃんとついてなかったのが原因だったか。
この前洗車した時かなぁ~。