バッグ交換

シートが黒くなったんで、
今度はバッグを白くする。

XLR250R(MD16)のバッグがヤフオクで手に入ったんでそれを使用。
XLR BAJA (MD22)のものと比較するとこんな感じ。

BAJAの方が高さも奥行きもあり、断然容量が大きい。
まあどの道、積載用のゴムと車載工具ぐらいしか入れないけど。

今回の費用は、
・リアシートバッグ … 1000円 (送料込み)
・ボルト … 100円
・ワッシャー … 100円

実際に取りつけるとこんな感じ。

うん、良い感じ。

バーパッド改

BAJAの見た目を少しずつ変えてみようということで、
まずは煤けたバーパッドを新しく自作してみる。

用意したものは、
・100均の黒色ポリプロピレンバッグ
・マジックテープ
・化繊布用アイロン転写紙
合計1000円に満たない程度。断トツに転写紙が高い。
バッグの裏には実はキティちゃんがいたりいなかったり。

切って縫って貼りつけて、作ったのが次の写真の上のやつ。
ロゴはBAJAのままでもよかったけど、
転写紙的に一筆書きの方が良かったんで
ハンドルネームで使ってるQVLを使用。
マジックテープが短いのしかなかったので、広げると少し見て呉れ悪いけど
巻いてしまえば問題無し。

取り付けるとこんな感じ。


ふむ、まあいいんじゃない。
こんな感じに少しずつBAJAのトリコロールを崩してしまおう。

新ウィンドスクリーン

XLR BAJAのウィンドスクリーンを3mm厚の塩ビ板で作り直してみた。

前のやつに比べて段違いにスタイリッシュ。
その分、対風防御力は減った感があるけど、
高速巡航時の負担軽減と虫の衝突避けとしては十分なはず。

それでももうちょい横が広くてもよかったかなぁ。

冬の装備

どこぞと違って雪が降らないんで、
寒くなろうが相変わらず毎日のようにバイクバイクバイク。
しかし、寒い。
日に日にどんどん寒くなっていく。

あまりに寒いんで、こっちも装備に気をつかうわけで、
水分で発熱するブレスサーモとかいう素材を使ったシャツとか、
オフ車のくせに革ジャンとか、さらに中にはユニクロな薄いダウンジャケットとか
そんな感じ。

革ジャンは風を通さないし、万が一事故ったときに身を守ってくれる。
しかし、熱伝導率は大きく、外気が冷えてると結局寒さは体にやってくる。
てことでインナーダウン。空気層がいっぱい。体が冷えるの防止。
耐風&耐衝撃+耐冷の二段構え。
さあこれでも乗りきれなくなるぐらい寒くなったらどうしようね。

自作スクリーン

先日、450mm×600mmの塩ビ板をフルに活用し、
風除けのスクリーンを自作した紹介がまだだったんで簡単に。

 

スクリーンに使用したのは450mm×600mm×1mmの塩ビ板。
アクリル板だと力を加えると割れるけど、
塩ビ板ならたわむだけだってことでスクリーンには塩ビ板を使用。

厚さ1mmってのがどうも安っぽくて弱そうなんだけど、
BAJA程度のバイクなら思いっきり走っても問題無い様子。

作り方
1、計って切る
2、加熱して曲げる
3、穴を開ける
4、アルミ角材で補強&固定台をつくる
5、ライトカバーにタテバンドで設置する(所々ゴムを挟んで振動防止)

ストーブで加熱して曲げたらぐにゃぐにゃになりました。
ただでさえ薄いんで、見た目が酷いです。
カットも適当。ひとまずできるだけ風を避けれるように。

結果、見た目はあまりよくないものの、走行中の体に当たる風が激減しました。
多少の雨で濡れることもなくなったし、かなり快適。
北海道ツーリング中にあったならば、虫の正面衝突が避けられたのに。

ただ、本来体に当たるはずの風がどこに行くかというと、実は頭だったりする。
風切り音がすごい。でももう慣れた。けどあまり良い感じはしない。
早めに3mm厚ぐらいで作り直そう。