北海道ツーリング まとめ

昨日無事制覇した北海道道の駅スタンプラリー。
途中1週間ほど休憩を入れたけど、
実際走った期間はツーリングの前半、後半だけカウントすると14日間。
旅の期間としてはまあまあ妥当だろう。

総走行距離はおよそ5000km。
平均して毎日350kmを超えるぐらい。
200km超えたぐらい毎の給油をほぼ毎日2回づつ行ってたので、
これもやはりそんなもん。

XLR BAJAだと一日500kmが限界に感じた。

道中みかけた主な野生動物は、
リス*1、キタキツネ*4、エゾシカ*20、鮭*30ぐらい。
鮭は知床の川にうようよいた。

シカもキツネも、眼をあわせてやるとなかなか逃げないから面白い。
道中で見かけたBAJAは色違いが1台と同色が1台ほど。
XR 250とかDJEBELは比較的良く見るんで、やっぱりBAJAは少ない。

あと、ツーリングしてる人の荷物って…
みんなやけに多いね。俺の2倍ぐらい?
2,3週間のツーリングになっても、俺にしてみれば

 

で十分なんだけど、みんな何を運んでるんだろうか。
…あー、食料?

寝るときは多少寒かろうが、雨が降ろうがお構いなしにすべてキャンプ。
とはいえ、雨の中の設営はなかったんでかなり楽だった。

……はて、北海道はライダーハウスが豊富なのが売りだったような。

感動した場所は神威岬と摩周湖。
美味かった料理は一杯100円のきのこ汁。
初見で真っ暗闇な夜の国道277号に怯え。
エンジンオイルが尽きかけてた事実に恐怖した。
その他諸々いろんな経験。いやはやなかなかの高密度。

オフ車なのに林道を走るとかそういうのはなかったけど、
免許取得から半年も経っていないし、
初めてのロングソロツーリングなんで無茶はしたくなかった。
この判断は正しかったと思うう。

装置の関係上、写真の公開とかは来週以降になるんで、気になる人はお楽しみに。

北海道ツーリング後半7日目

ただただ北へ。

美深を過ぎたあたりから道北特有の寒さに変わり、
12時頃についに最後のスタンプのある道の駅「なかがわ」に到着。
無事スタンプを制覇し、道の駅の人に確認してもらい、
完走賞としてステッカーと賞状をいただいた。

そしてもう一度稚内に向かおうとしたら…
雨かよ。
しかもかなりのザーザー降り。
結局1時間ばかりの休憩を余儀なくされた…。

とまあ、そんな訳で旅の目的も果たし、
身体もバイクもともに無事にまた稚内に帰ってこれた。
また少し休んでから名古屋に帰るけど、
また数百キロ走らないとならない訳で…。

家に帰るまでが遠足。まさにこのことだ。

北海道ツーリング後半6日目

晴天に恵まれたため、いろいろ干してから移動開始。
ダムが決壊して出来たとかいうピョウタンの滝を眺め、
狩勝峠より十勝平野を望んでから富良野方面へ。

この時期の富良野なんて…てなことで概ねスルー。
途中、偶然にも高校時代の恩師に出会い近況報告。

ひたすら北を目指すも、美瑛、東川、旭川の道の駅が
アクセス悪過ぎてなかなか先に進めず、剣淵でタイムアップ。

その後、岩尾内湖のキャンプ場へ。
明日が日曜だからか、一般の人がいっぱい。
それでも広いキャンプ場なので、
少し離れた若干静かな所にテント張り。

基本的に月明りを頼りにテントを張る訳だが、
今日はどうにも明るいなぁと。
…ああ、そろそろそんな時期か。

スタンプはあと4つ。
国道40号沿いに北上するのみ。
明日でまた一旦終わりかね~。

それにしてもこのキャンプ場、やっぱり騒がしいな。
子供はもう寝なさい。

北海道ツーリング後半5日目

雨、雨、雨。
早朝からザーザー降り。
5時くらいから待ちに待って、
8時半頃にようやく小降りになったのでテント撤収。
本日の移動開始。

ひとまず相生に行って、オホーツクエリアをコンプリート。
いざ十勝エリアへ。
と思ったらまた本降りになり、体が冷えたので温泉へ。

誰の言葉だったろう。
「狭い日本 そんなに急いで where you go」
てなわけで雨が止むまで2時間くらいのんび~り。

…していたんだけど、その後12個ほどスタンプ集めて、
十勝エリアコンプリート。

日暮れ後、明日の天気予報的にもう降らないだろうと
高を括っていたら、もう一丁本降り。
帯広の南、幕別町で温泉に入りつつ雨が止むのを待ち、
そばのキャンプ場へ。

テントを張ってみると、今日の雨の影響なんて殆どない。
…強いテントだ。

日中やった特別なことは、
雨のせいで靴がビチャビチャになので、
新聞紙のような紙集め。
これで明日は大丈。

さて、残りは道北エリア。
しかも北海道のど真ん中をただ北上するだけのルートで、
残すスタンプは数えてみるとなんと10個。

完全にカウントダウン態勢に入ってしまった。
のんびり行くかパパっと終わらすか、
まあ明日考えながら走ろう。

北海道ツーリング後半4日目

夜露、朝露が厳しいなとかおもいつつ、
昨夜寝たのが早かったので早起き。
せっかくなんでバイクのチェック。

タイヤまわり…OK。
全体の見た目…虫がいっぱい付着してるけどまあOK。
エンジンオイル…あれ?なんか空っぽなんだけど。

…そういや、BAJAは高速域で頑張り過ぎると
オイルまで消費されるとか聞いたことあったような…。
ていうかヤバイ。何この2st使用。

なんとかオイル調達したら、丸々1リットル入った…。
だってオイル交換時で1.4リットルだよ。
焼き付かなくてよかった。
一応言っとくと、BAJAは4stだ。

そんなこんなで、走りやすくなったBAJAで根室へ。
最東端、納沙布岬まで行き、
エスカロップ、オランダせんべいを食べつつ、次は釧路方面へ。

ちょうど日が落ちつつあるなかを延々と西へ向かうわけで、
走りにくいのなんの。

日が暮れるともに今度は阿寒湖へ。
日没後の山道はもう寒い寒い。
神社の祭のカラオケ大会を尻目に、
温泉入って温まってから、アイヌコタンにて、
アイヌの古式舞踊イオマンテの火まつりなるものを見て、
あとは土産屋をブラブラと。
マリモの阿寒湖だけあって、まりもっこり多すぎ。

荷物増えるのも困るんで、残る物は基本的に何も買ってない。
物より思い出とはよく言った。
すぐに色褪せるけどね。

根室、釧路地方のスタンプはコンプ。
先が見えて来た。