一回転半捻り

10月3日はドイツ統一の日で祝日だった。
直前の金曜までそんなこと知らなかったんで、休みを無駄に過ごすことに。

この週末は、ひとまず存在を知っていながらなかなか行く機会がなかった近くの巨大ショッピングモールに行ってみた。

写真じゃわかりにくいけど、デカイ。
食料、家電、日用品、衣料…と、まあなんでもありで、田舎のイオンよりも数倍デカイ。

なんていうか、ほんとスケールでけぇなぁって感じ。
これ倉庫じゃないの?って感じの売り場とかね。

そういや、普段食料を買い込むのに使ってる店が改装のため来年まで閉店みたい。
これもまた閉店3日前まで知らなかったので、ひとまず大慌てで残りの期間に必要そうな水は確保。
こんな重いものを遠くまで買いにはいけないからね。

さて、あと休みの間にやったことといえば、駅前のプールに行ってみた。
温水で、ジャグジー風呂っぽい所とか、サウナもあったから、なかなかゆったりできた。
それと、一番楽しんできたのはこれ。

飛び込み台。左から3m、5m、1mってところかな。
1mでなら適当に回転加えて飛び込めたけど、それ以上の高さだと怖くてただ落ちることしかできないね。

そして、体を水に叩きつけすぎたことと、筋肉痛で体が痛い。

快晴すぎて焼ける暑さな週末

先週末の話。

近くにスタジアムあるのに、一度も見に行かないのは勿体無いなと思って、
宿から500mほどのところにあるCofese Arenaにサッカーを見に行ってみた。

地元チームMainz05とBVB09の対戦。

一番安い立ち見席で見てきた。
先制点は決めるものの、結果は残念なことに。

しかし、見た感じ満席に見えるんだけど、何万人だろう。3~4万人?

日曜は天気がよく、むしろ暑かったぐらいだが、近場のリューデスヘイムへ。
ここは日曜でもいろいろお店が開いてる観光地。
ライン川の真珠?とかいわれてるくらい、きれいな所って話。

なにがあるかって、ライン川の畔の小さな町とぶどう畑、山へ登るためのリフトぐらい。
そんだけシンプルだからこそ良いのだろう。

実際、リフトに乗って山から覗く景色はかなり良し。

そういや、巨大なくるみ割り人形もいた。

茶色い城と茶色い街

土曜日にハイデルベルクとその周辺へ。

より大きな地図で 20110917 を表示

まずは近場の町にある世界遺産のシュパイヤー大聖堂。
天気もよく、大聖堂の前の広場ではいろんなお店が出ていてものすごい人だかり。

道行く人の多くがこの花を買ってたんだけど、なんじゃろう。

大聖堂は地下聖堂も有名ってことで、学生料金3ユーロ払って見てきた。
持っててよかった国際学生証。既に各地で何度も使ってる。
ちなみに地下聖堂はどうだったかというと、まあ地下だしこんなんものかってのが感想。

で、本日の本命、ハイデルベルクへ。

駅から歩くこと30分ぐらい(思ったより遠かった)、丘の上の巨大な城、ハイデルベルク城に到着。

高い城壁に

崩れた城

中には世界最大級のワイン樽があって

眼下に見える茶色い町並み(この写真じゃちょいわかりにくい)

ついでに時たま聞こえる日本人の声…。

さて、すこし移動して、今度は城の全貌が眺められる哲学者の道へ。
昔ゲーテがどうのこうのと、まあ展望の綺麗な所。
そしてやっぱりすべてが茶色い町並み。

まあ綺麗な町並みだけどね。

で、ここから蛇足。失敗談。
前述のとおり、城から駅までは歩こうとしたら30分くらい。
まあバスでも乗ろうかと思ったら、ちょうどよく乗りたい番号のバスが到着。
乗り込む人がいっぱいいたし問題ないだろうと思って、まあ10分くらいかなと思っていたら…

約10分後、ここはどこだ

ていうか、バスじゃなくて路電だった

結局帰るのが2時間ぐらい遅れてしまった…。

???

中秋の名月

多少雲はあったものの、月がきれいだったので写真に撮ってみた。

ただのコンデジじゃ望遠力が圧倒的に足りないので、
セロテープで愛用の単眼鏡を接続。
コンデジのズームで4倍、単眼鏡で20倍くらいの、合わせて約80倍ズームってとこかな。

ただ、なかなかうまくピントが合わせられないし、
三脚が貧弱なんで軽く風が吹くだけでぶれちゃう中、
ようやく撮れたのが上の写真。

画像を小さくして見る分にはイイね

パノラマ機能大活躍

#これまでのも含め、ドイツ関係の写真がクリックpicasaでちゃんと見れてなかったようで、一応修正しときました。

さて、今日は久し振りに早起きして電車で西ドイツの首都ボンへ。
まあ俺は東西ドイツとか壁崩壊とか、記憶に残せるような年じゃなかったんで、ボンのことも全然知らなかったんだけど。

駅から出て広場へ行くとベートーベンがお出迎え。
そう、ここはベートーベンの生まれた街。

ベートーベンの家はこんな感じ。

中は撮影禁止だったけど、いろんな資料があった。
ベートーベンったら、難聴であったことも有名だけど、当時の補聴器馬鹿でかいのね。一番でかいのだと、耳に杓子突っ込むような感じ。

あとは教会と大学をチラ見。教会はやはり中もステキ。

次に、また電車に乗って、ニーベルンゲンの歌で英雄ジークフリードが竜を退治したという、竜の岩山(ドラッヘンフェルス)へ。
まあ、ニーベルンゲンの歌は読んだことないけどね。

っと、ここでトラブル。
乗った電車が目的の駅までいかないやつで、終点に気づかず降りずにいたら、駅と駅の間の何もない所で止まってしまった。

気付いたら周りに他の乗客が居なくてビックリ。
まあ、見回りに来た車掌に線路から出してもらったけど…。
ただ、この時も相手のドイツ語がさっぱりだったんで、やはりフィーリング大事。

まあ、そんなこんなで、竜の岩山に続く登山電車があるケーニスヴィンターまで行き、

電車で楽して登って山頂からライン川を眺め(パノラマ!)、

歩いて下って中腹にある竜の城へ。これまたカッコイイ名前の城だこと。
中は部屋ごとに雰囲気が違う面白い作りだった。

そしてさらに頑張って、ボンからマインツへの帰りにコブレンツを散策してみる。
写真はヘルツ・イエズ協会。

コブレンツはライン川とモーゼル川の合流地点にある街。
合流地点(ドイチェス・エック)の眺めはこんな感じ(本日二度目のパノラマ!)。
一応行っておくけど、別に船とかじゃないからね。こういう公園。

そしてそれを見下ろすヴィルヘルム一世。デカイ。

Googleマップで今日行ったとこをまとめてみた。

より大きな地図で 20110910 を表示

ドイツで訪れた場所、そのうち全部マークしてみよう。